美白化粧水 使用感

美白化粧水 使用感は?

 

厚生労働省が認めている美白成分は次のようなものがあります。(医薬部外品)

 

ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。肌にハリを与えたり、透明感を引き出すはたらきもあるのでエイジングケアやニキビ対策としても働きます。ビタミンCそのものは不安定なので、生体外でも安定する処理を加えたもの。リン酸型ビタミンCなどがこれに該当します。

 

アルブチン
コケモモや梨から抽出された成分で、チロシナーゼに直接作用しメラニン生成をブロックする。濃度が濃いと肌に刺激になることもあります。

 

コウジ酸
麹を扱う職人さんの手が白くて滑らかであることが発見につながったとされる。味噌や醤油など麹由来の成分です。

 

エラグ酸
野菜や果物に含まれる天然フェノール系物質で、若々しさを保つ働きと肌の透明感を引き出す働きがあります。

 

ルシノール
ポーラの商標名で、正式名称は「4?n?ブチルレゾルシノール」。北欧のもみの木をヒントにしてつくられた成分です。

 

リノール酸
不飽和脂肪酸の一種で、チロシナーゼを減らす作用が発見された。サフラワー油などの植物油から抽出されます。

 

カモミラET
カミツレの葉から抽出した成分で、肌の透明感を引き出します。ハーブのカモミールでよく知られています。ニキビケアにも使われます。

 

トラネキサム酸
ニキビケア用として使われていたトラネキサム酸で、チロシナーゼ生成をブロックします。

 

4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)
サリチル酸の誘導体で、慢性的なターンオーバーの不調に着目して開発された成分です。

 

マグノリグナン
リノール酸同様、チロシナーゼの成熟化をブロックし、透明感のある肌を保ちます。植物に含まれる天然化合物をモデルにつくられた成分です。